会員コンサルタントの紹介
(平成22年度会員準備中)

  • 会員プロフィール
  • 専門分野別
  • 資格別
日本商業コンサルタント協会へのお問い合わせはこちらからどうぞ
日本商業コンサルタント協会は、日本全国の商店経営における「顧客接点の創造」をテーマに掲げ、全国各地の会員コンサルタントが多様なネットワークを持ち、様々な活動を行っています

初代理事長

初代理事長 細野恒充(平成14年没)

日本商業コンサルタント協会の初代理事長・細野恒充


日本宣伝コンサルタント協会創始者の増田太次郎の意を受けて当協会の初代理事長に就任。当協会の発展に尽くした。

誠意と誠実、そして言行一致の同氏の人柄を慕って多くの人が当協会に入会そして同氏に師事した。今も多くの門下生が各界で活躍している。

大正11年、山口県生まれ。東京農大卒。昭和18年、学徒動員で第二次大戦に参加、同23年ソ連より復員。以後5年間の闘病生活後、倉本長治氏主宰の「商業界ゼミナール」で商人道を学び、新保民八氏に師事してチラシ広告を勉強。同35年から増田太次郎氏と共に“小売店広告の理論と実際”を専門的に研究。日本宣伝広告コンサルタント協会理事長を務める。

宣伝広告、販促専門コンサルタントとして、数多くの企業、お店の指導にあたる。固定客づくりに独自のノウハウを持つ。

著書に『新・宛名広告ハンドブック』『新・繁盛店づくり366日』『売上アップ・実践アイデア集』『店主・店長のためのチラシ広告づくり百科』『固定客をつくる新・DM作戦12ケ月』『実践アイデア・固定客繁盛法81』がある。